再開発調査兵団

散歩中に見つけた、東京や首都圏の再開発、高層ビル、道路建設の様子を記録してます。Skyscrapers and Beautiful Scenery in Tokyo.

港区 浜松町

29階156m級「ニッセイ浜松町クレアタワー」と、47階190m級の「浜松町二丁目C地区」の様子 2016年6月上旬撮影

投稿日:2016年6月22日 更新日:

2016年6月上旬撮影です。

浜松町の貿易センタービルのお隣で建設中の、29階156m級「ニッセイ浜松町クレアタワー」の様子です。
それと、先日発表のあった、47階190m級の「浜松町二丁目C地区」の様子もご紹介です。

現地の様子

浜松町二丁目C地区

モノレールから見た様子です。
手前の工事をしている箇所は、浜松町駅西口開発A街区です。その奥に見えている建物がC街区となります。

浜松町二丁目C地区 2016年6月上旬

浜松町二丁目C地区 2016年6月上旬

渡邉ビルがあった角地を進んでいきます。

浜松町駅西口開発A街区 2016年6月上旬

浜松町駅西口開発A街区 2016年6月上旬

この辺はずっと工事中ですね。この奥にC地区があります。

浜松町駅西口開発A街区 2016年6月上旬

浜松町駅西口開発A街区 2016年6月上旬

貿易センタービルのある区画の南西側の雑居ビル群がC地区となります。

浜松町二丁目C地区 2016年6月上旬

浜松町二丁目C地区 2016年6月上旬

南西側の角地から再開発予定地の様子をみてみました。

浜松町二丁目C地区 2016年6月上旬

浜松町二丁目C地区 2016年6月上旬

敷地の西側を北に進んでいってみました。

浜松町二丁目C地区 2016年6月上旬

浜松町二丁目C地区 2016年6月上旬

以下、「建築通信新聞」の該当エリアのニュースです。

47階建て約8万㎡規模/17年度に組合設立認可/浜松町二丁目C地区準備組合

規模は地下3階地上47階建て延べ約8万㎡。
(中略)
2016年度の都市計画決定、17年度の組合設立認可、18年度の権利変換計画認可を経て解体・工事に着手、21年度の竣工を目指す。
(中略)
施設は高層棟(190m)と低層棟(約50m)からなり、約400戸の住居や事務所、店舗、変電所、駐車場などを設ける。また、港区立文化芸術ホールも盛り込む。

浜松町二丁目C地区 イメージ図 (出典:建設通信新聞)

浜松町二丁目C地区 イメージ図 (出典:建設通信新聞)

(建設通信新聞 2016-05-31より)

駅前の住宅なので、人気が出そうですね。

浜松町の役者も揃ってきた感じがします。後は貿易センタービル跡地の建物がどうなるかと、東京モノレールの建物がどうなるのか気になる所です。

ニッセイ浜松町クレアタワー

貿易センタービルの西側で建設中の、29階156m級「ニッセイ浜松町クレアタワー」の様子です。
まさか、この南側にできるC街区の方が高くなるとは思いませんでした。

ニッセイ浜松町クレアタワー 2016年6月上旬

ニッセイ浜松町クレアタワー 2016年6月上旬

貿易センタービルから見てみました。

ニッセイ浜松町クレアタワー 2016年6月上旬

ニッセイ浜松町クレアタワー 2016年6月上旬

中の様子です。

ニッセイ浜松町クレアタワー 2016年6月上旬

ニッセイ浜松町クレアタワー 2016年6月上旬

鋼材が整然と並べられていましたが、あれは山留め工事用ですかね?

ニッセイ浜松町クレアタワー 2016年6月上旬

ニッセイ浜松町クレアタワー 2016年6月上旬

浜松町の貿易センタービル周辺をあるいてみて、意外と狭い路地裏でも、無電柱化は進んでいるんだなぁと感心しました。

東京モノレールの東京駅延伸は、夢で終わるんでしょうかね。

[amazonjs asin=”4835621921″ locale=”JP” title=”ぴあ新橋浜松町食本 2013→2014 和定食から人気のバルまで美味しいお店250軒! (ぴあMOOK)”]

データ

■A街区 2014年着工~2024年竣工
A―1棟:地下4階地上42階、200m級
A―2棟:地下3階地上10階、55m級
A―3棟:地下4階地上42階、200m級
モノレール棟:4階、34m級

世界貿易センタービル高層棟の解体:2019年度着手

■B街区:
名称:浜松町二丁目4地区 B街区 (仮称)浜松町駅前プロジェクト
地番:東京都港区浜松町2丁目5番2他
用途:事務所、飲食店舗、物販店舗、集会場、駐車場
敷地面積:7,646.56㎡
建築面積:5,700㎡
延べ面積:99,700㎡
階数:地上29階/地下3階/塔屋1階
高さ:156m
着工予定:平成27年11月1日
完了予定:平成30年8月31日
建築主:日本生命保険相互会社、株式会社大林組
設計者:株式会社大林組一級建築士事務所
施工者:株式会社大林組

■C街区:
階数:地上47階/地下3階
高さ:約190m
都市計画決定:2016年度
解体・着工予定:2018年度
完成予定:2021年度

過去の記事

2016年3月:モックアップが出現してた、29階156m級「ニッセイ浜松町クレアタワー」の様子 2016年3月12日撮影
2015年12月:29階156m級「ニッセイ浜松町クレアタワー」と「浜松町駅西口開発計画 A街区」の様子 2015年12月26日撮影
2015年9月:「旧渡邉ビルヂング」が消えてた、「浜松町駅西口開発計画」の様子 2015年9月19日撮影
2015年6月:「解体工事のお知らせ」が出てた、「浜松町駅西口開発計画」の様子 2015年6月27日撮影
2015年5月:【祝】29階156m級「浜松町二丁目4地区 B街区 (仮称)浜松町駅前プロジェクト」の「建築計画のお知らせ」が出現! 2015年5月26日撮影
2015年5月:JR浜松町駅の「世界貿易センタービル」周辺の再開発の様子 2015年5月5日撮影
2014年7月:JR浜松町駅の周辺の再開発の様子 2014年7月5日撮影

Facebookのコメント

ad

ad

-港区, 浜松町
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

GLOBAL BASE PROJECT (仮称)芝浦一丁目プロジェクト

11月4日の写真です。 最近週末は天気が悪い気がします・・ ヤナセ本社の隣で開発されている、GLOBAL BASE PROJECT (仮称)芝浦一丁目プロジェクトです。 BASE PROJECT (仮 …

「(仮称)赤坂二丁目計画」 2020.3.21

国際赤坂ビル建替えの、32階160m「(仮称)赤坂二丁目計画」の様子 2020年3月21日撮影

2020年3月21日撮影です。 溜池山王駅近くで解体工事中の、「国際赤坂ビル」の様子です。 こちらには、32階160m「(仮称)赤坂二丁目計画」が建設される予定です。 既存建物解体工事の様子を撮影しま …

解体工事中の「赤坂ツインタワー」の様子 2014年9月10日撮影

9月10日撮影です。 「赤坂一丁目地区市街地再開発事業」のついでの撮影です。 解体工事が行われている、「赤坂ツインタワー」の様子です。 明らかに手抜きのブログ記事だと、バレバレな内容です(笑) 赤坂ツ …

西新橋一丁目計画 2013年12月28日撮影(Nishi-Shimbashi 1-chome plan as of Dec 28,2013)

12月28日撮影です。 目次1 現地の様子2 データ3 過去の記事3.1 Facebookのコメント 現地の様子 色んな角度からの、「西新橋一丁目計画」をお楽しみください(苦笑) 手抜きとも言う・・( …

虎ノ門二丁目地区(再)特定業務代行施設建築物建設工事 2022.6

38階184m「虎ノ門二丁目地区(再)特定業務代行施設建築物建設工事」の様子 2022年6月中旬撮影

2022年6月中旬撮影です。 虎の門病院跡地で建設中の、38階184m「虎ノ門二丁目地区(再)特定業務代行施設建築物建設工事」の様子です。まだ地上部は見えていませんでしたが、タワークレーンも出現してい …

ad side top