再開発調査兵団

散歩中に見つけた、東京や首都圏の再開発、高層ビル、道路建設の様子を記録してます。Skyscrapers and Beautiful Scenery in Tokyo.

品川区 道路

ついに開通!「都市計画道路補助26号線」(大井町~都立大崎高等学校間)の様子 2021年10月23日撮影

投稿日:

2021年10月23日撮影です。

10月22日(金)に、東京都道420号鮫洲大山線の「都市計画道路補助26号線」(大井町~都立大崎高等学校間)がようやく開通しました。1946年戦後復興の都市計画から、75年の時を越えてようやくです。都市計画自体が1992年で、30年近くかかったみたいです。

現地の様子

大井町駅側から、今回開通したエリアに行く途中で見つけた看板です。住吉踏切は10月26日から自転車を除く車両は通れなくなります。今迄住吉踏切を通っていた方や、カーナビの地図が更新されてない方は注意が必要だと思いました。たまに、結構チャレンジングな道案内をしてくれる、Google Mapさんは大丈夫でしょうか?(^^;)

東側から来てみました。今迄工事のフェンスが設置されていた場所は外され、新たに信号機が設置されていました。交差点名は何になるのでしょう?

鮫洲大山線の北側から開通したトンネルを見た様子です。南側の歩行者通路は、まだ工事用のフェンスが設置されていたり、工事用の作業小屋が残っていたりしました。

トンネル部分をズームしてみました。

開通したトンネルの北側部分の歩道も開通していました。今迄大井町駅の下のガードを通って迂回していただけに、これは嬉しいです。

下神明駅付近からJRの線路を越えてアンダーパスするトンネルの名は、「ふたばトンネル」と命名されていました。

「ふたばトンネル」の上から、東側の大井町駅方面を見た様子です。

横須賀線の踏切がある、住吉踏切へ近づくと、「ご線人道橋」の設置工事が行われています。こちらは令和7年(2025年)7月10日迄です。

住吉踏切を渡った場所の、「ふたばトンネル」の上の工事中エリアを見た様子です。柱の支柱を支えるような部分が見えていました。こちらに人道橋が出来るそうです。

住吉踏切を越えて、西側へやってきました。「ふたばトンネル」を西側から見た様子です。手前に「バス停」と書かれている場所がありますが、まだ工事用のフェンスで入れませんでした。将来的にバスの新路線が開通するのだと思われます。

開通した、「ふたばトンネル」西側付近をズームしてみました。

「ふたばトンネル」西側に新たに作られた交差点付近に、新しい道路標識が設置されていました。この道は、三ツ木通りと言うのですね。今迄何度も来ていましたが、初めて知りました(^^;)

三ツ木通りと鮫洲大山線の交差する、新しい交差点付近を見た様子です。信号機も新たに設置されています。

三ツ木通りの南側部分はガードレールは設置されていましたが、整備工事はまだ続くのか、入れないエリアがありました。

鮫洲大山線の南側部分から、「ふたばトンネル」を見た様子です。こちら側にもバス停の停留場エリアが確保されていました。そして、こちらを撮影していると、自転車で「ふたばトンネル」に入って行く人がいました。これは危ない・・

先ほどの交差点から、西へ進んだ様子です。こちらもガードレールが設置されて通れないエリアがありますが、まだ整備途中なのかな?

東京都立大崎高等学校の真下を通る、「豊トンネル」の東側方向を見た様子です。そして、こちらを撮影していると、このトンネルに自転車で侵入する人がいました。「ふたばトンネル」「豊トンネル」は自転車進入禁止なので、もう少し分かりやすく注意の看板を設置すべきでは?と思いました。

さらに西へ進んで、東急大井町線~ 東京都立大崎高等学校の間の様子です。以前はフェンスも無くて、中のトンネルの様子も見えたのですが、安全のためフェンスが設置され、トンネルの中は見えなくなっていました。

東京都立大崎高等学校の西側を見た様子です。工事用のフェンスも撤去され、自動車が通れる様になっていました。

「豊トンネル」の看板です。

撮影中、「ふたばトンネル」・「豊トンネル」を自転車で侵入している人が数名いました。事故が起きてからでは遅いので、早めの注意の看板設置が必要だと思いました。計画から75年、事業着手から30年、今迄かかわってきた関係者の皆様は、本当にお疲れ様でした。

おまけ

88m23階「戸越五丁目19番地区市街地第一種市街地再開発事業」の再開発も見て来ました。

敷地内には重機が投入され、いよいよ始まったなって感じがしました。こちらも補助29号線と言う都市計画道路に関わってくる再開発計画となります。狭い道なのですが、テキパキと車両を裁いている、交通誘導員さんの方が頑張っていたのが印象的でした。

補助26号線(東京都道420号鮫洲大山線)は、未だに見開通のエリアがまだ他にもあります。全部開通する日を楽しみにしています。1946年に計画された戦後復興の都市計画道路が、全て開通するのは、後どれくらいかかるのかなと思いました。

by カエレバ

Facebookのコメント

ad

ad

-品川区, 道路

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

公務員宿舎の「勝島町住宅(仮称)新築工事」、わかくさ公園、「前田道路品川営業所・事務所宿舎新築工事」の様子 2016年2月14日撮影

2016年2月14日撮影です。 品川区勝島で建設中の公務員宿舎の「勝島町住宅(仮称)新築工事」と、そのおとなりで改築工事中の「わかくさ公園」、ついでに警視庁第六機動隊六桜寮の隣で建設中の「前田道路品川 …

築地市場跡地 2021.1.2

「築地市場跡地」と「環状二号線」(汐留~勝どき)の様子 2021年1月2日撮影

2021年1月2日撮影です。 私の中で毎年恒例の、正月三が日の東京湾岸再開発詣に行った時の様子です。先ずは「築地市場跡地」がどうなっているかを、「カレッタ汐留」から見たかったので「カレッタ汐留」の前に …

建設中の「首都高速10号晴海線【晴海出入口~豊洲出入口】」の様子 2016年4月29日撮影

2016年4月29日撮影です。 晴海~豊洲間で建設中の、「首都高速10号晴海線【晴海出入口~豊洲出入口】」の様子です。 完成予定は、平成29年度を予定しています。 工事は、「豊洲出入口~東雲JCT」ま …

京急、八ツ山橋踏切は高架化を検討

東洋経済に、以下の記事がありました!! 京急がめぐらす、品川再開発の深謀遠慮 品川駅の南側にあるこの踏切は、1日に上下700本以上の列車が走り抜けるため、“開かずの踏切”となっていた。すでに品川駅の2 …

桜満開の東品川海上公園と、26階93m「品川イーストシティタワー」の様子 2017年4月9日撮影

2017年4月9日撮影です。 桜が満開でしたが、9日日曜日はあいにくの雨でした。 夕方には雨が止んだので、東品川海上公園の桜を撮影してきました。 桜を撮影したついでに、26階93m「品川イーストシティ …

ad side top