再開発調査兵団

散歩中に見つけた、東京や首都圏の再開発、高層ビル、道路建設の様子を記録してます。Skyscrapers and Beautiful Scenery in Tokyo.

大田区 鉄道

蒲蒲線、2020年の暫定開業?京急蒲田駅周辺の再開発の様子 2015年1月3日撮影

投稿日:2015年1月23日 更新日:

京急蒲田駅と東急蒲田駅を繋ぐ蒲蒲線の2020年の暫定開業を大田区が目指すとのニュースがありました。
蒲蒲線についてと、1月3日に撮影してきた、京急蒲田駅周辺の様子をまとめました。

蒲蒲線構想

以下が路線図が分かりやすかった、朝日新聞の記事です。
東急多摩川線と京急空港線が、地下を通じて繋がります。
蒲蒲線、2020年の暫定開業めざす 東京・大田区方針(朝日新聞)

蒲蒲線路線図 (出典:朝日新聞)

蒲蒲線路線図 (出典:朝日新聞)

以下が、建設通信新聞の記事で、こちらの方が断面図的に、地上と地下の関係が分かるかと思います。
調査は復建エンジ/みずほ総研が事業検討/大田区の蒲蒲線整備計画(※現在リンクがありません)

蒲蒲線整備計画 (出典:建設通信新聞)

蒲蒲線整備計画 (出典:建設通信新聞)

東急多摩川が矢口渡駅を経て地下に潜り、現在の東急蒲田駅の地下部分になる東急蒲田地下駅に繋がり、地下を通って南蒲田駅を経て、地上に出て大鳥居駅に接続し、そのまま京急空港線に直通する想定です。

残念ながら、現在駅前を再開発中の糀谷駅には蒲蒲線は通らない様です。

羽田空港の新線「蒲蒲線」は、国交省が2020年の東京オリンピックには間に合わないと、断念した方針を2014年10月に出しました。
それでも大田区は、間に合わせられるのでしょうか?

そもそも、東急多摩川(ゲージ幅:1067mm)と、京急空港線(ゲージ幅:1435mm)は電車の線路の幅が違います。そこで、フリーゲージトレイン(軌間可変電車)を走らせようという計画です。

ですが、フリーゲージトレイン自体の実績ってそんなに無いんじゃないでしょうか?
フリーゲージトレインは長崎新幹線への実用化に向けて、2014年10月~2017年3月迄、九州新幹線と在来線の鹿児島本線で走行実験が行われています。

朝日新聞、建設通信新聞どちらの記事も、蒲蒲線は東急多摩川線矢口渡駅~蒲田駅間から分岐し、地下に潜り、京急空港線糀谷駅~大鳥居駅間で地上に出て、京急羽田線に接続される様になっています。
また、京急側には南蒲田駅、東急側には東急蒲田地下駅が出来る様です。
軌間可変が行われるのは、南蒲田駅~東急蒲田地下駅間の地下部分ですかね?

用地買収、工事、フリーゲージトレイン導入も考えると、後5年で本当に出来るのでしょうか?(^_^;)

[amazonjs asin=”4330492148″ locale=”JP” title=”京急電鉄の世界―身近な鉄路の“本格派”雑学 (トラベルムック)”]

京急蒲田駅付近の様子

プラウドシティ蒲田

京急蒲田駅の西側で再開発中の、20階73.5m級「プラウドシティ蒲田」の様子です。
1月3日撮影なので、現在はもうちょっと高くなってると思います。

本当は箱根駅伝記念にとでも、撮影して記事を書こうかと思っていたのですが、写真撮ったまま眠っていました。
写真撮っただけで、記事を書いてない建物も、結構あったりします(^_^;)

呑川越しに見た、「プラウドシティ蒲田」の様子です。

プラウドシティ蒲田 2015.1.3

プラウドシティ蒲田 2015.1.3

タワークレーンには、大田区の鳥「うぐいす」と書いてありました。

プラウドシティ蒲田 2015.1.3

プラウドシティ蒲田 2015.1.3

反対側のタワークレーンも、大田区のシンボルの名称だったと思います。
逆光で撮影出来なかったので、後でメモっておこうと思っていたら、忘れてしまいました(苦笑)

京急蒲田駅の西側には、ペデストリアンデッキの建設も行われています。

プラウドシティ蒲田 2015.1.3

プラウドシティ蒲田 2015.1.3

京急蒲田東口駅前広場

京急蒲田駅の東口駅前広場整備の様子です。

イメージ図は以下となります。

京急蒲田東口駅前広場 イメージ図

京急蒲田東口駅前広場 イメージ図

西デッキの工事の様子です。

京急蒲田東口駅前広場 2015.1.3

京急蒲田東口駅前広場 2015.1.3

完成している南デッキから、建設中の西デッキの様子を見てみました。

京急蒲田東口駅前広場 2015.1.3

京急蒲田東口駅前広場 2015.1.3

建設中の東口駅前広場の様子です。

京急蒲田東口駅前広場 2015.1.3

京急蒲田東口駅前広場 2015.1.3

京急蒲田東口駅前広場 2015.1.3

京急蒲田東口駅前広場 2015.1.3

撮影してたら、京急空港線が頭上を通っていきました。

京急蒲田東口駅前広場 2015.1.3

京急蒲田東口駅前広場 2015.1.3

建設中の北デッキの様子です。

京急蒲田東口駅前広場 2015.1.3

京急蒲田東口駅前広場 2015.1.3

箱根駅伝の際は、こちらのペデストリアンデッキは全面通行止めになるんでしょうか?(^_^;)

この、 京急蒲田東口駅前広場の南側に、南蒲田駅が出来る予定です。
今は寂しい感じの、京急蒲田東口ですが、賑やかになるかもしれませんね。

過去の記事

2014年10月11日
2014年1月26日

Facebookのコメント

ad

ad

-大田区, 鉄道
-,

執筆者:


  1. 便利な蒲蒲線を安く早く実現するアッと驚く方策
    新空港線(蒲蒲線)は、現行の構想では不便で、高価で、工期が長いと言わざるを得ません。便利で、低額で、工期が短くなるアッと驚く方策の提案です。
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42679

  2. admin より:

    >ライトレールさん

    コメントありがとうございます!

    記事全部読まさせてもらいました。
    電車で平面交差している所って、実際にあったのですね(^_^;)
    知りませんでした!

    いやーすごい案が出てきましたね。
    上野東京ラインの開業の遅れを見てきているので、
    高架案はきっと地元商店街の猛反発を食らいそうな気がします(苦笑)

    でも、面白い案ですね。
    因みに、東急蒲田駅は、ヨーロッパ式のホームみたいな感じがして好きです。
    昔の東急渋谷駅が懐かしい・・

    いずれにせよ、蒲蒲線は早く開業して欲しいな~と思っています。
    先ずは、蒲蒲線そしてエイトライナー。

    私が生きているうちに開業するかな?(^_^;)

    コメントありがとうございました!

  3. 化石の森 より:

    また昔話でおじゃまします。

    94年から8年余り、武蔵新田に居ました。
    当時は目蒲線時代、武蔵新田から目黒までは当然一本です。
    通勤は田園調布・中目黒で乗換え、茅場町まで通っていました。

    95年に田園調布駅は地下化され、
    https://www.youtube.com/watch?v=Af7-WcBt9yQ

    2000年目蒲線は目黒線と多摩川線に分けられ
    目蒲線が消滅、田園調布での東横線乗換え(同じ島の地下ホーム)が出来なくなりました。

    多摩川駅の 地下にもぐった多摩川線ホームから、地上の東横線まで
    エスカレーターで上がっての乗り換えに変わったのです。
    秘境化した多摩川線は、もう東京のローカル線ですね^_^;

    田園調布駅と多摩川駅は、今でも地下に連絡線が残っている筈です。
    https://www.youtube.com/watch?v=GIf7yWCdS1g

    蒲蒲線ですか・・・もぐったら
    蒲田をスルーしちゃう数が増えるだけの様に思います。
    せめて遊園地の様に、循環する路面電車にして
    地元商店街が発展するような事を重視して欲しいですね。

    穴を掘ったら戻せないんだから。
    不便さを利点に活かす発想が欲しいなぁ(^^)v

  4. admin より:

    >化石の森さん

    コメントありがとうございます!

    私は以前、池上に住んでいたので、この付近は思い出が沢山あります。
    池上から多摩川沿いをジョギングしていたので、多摩川線沿線も好きなエリアです。

    目蒲線あったのですよね。
    実は存在は知っているのですが、その頃の目蒲線に乗ったことがないのです(^_^;)

    蒲蒲線は、実現が難しそうですね。
    どうせだったら、LRTなんかで路面電車にしたら、地元商店街の人は嬉しいかもしれませんね。

    私は、池上から羽田に行くとき、東急蒲田駅で降りて、京急蒲田駅まで歩いてました。
    JR蒲田駅からバスで羽田も出ていたのですが、物凄く時間がかかってしまい、失敗したこともあります。

    急いでいくなら、東急蒲田駅から、JRに乗ってJR川崎駅で降り、京急川崎駅から羽田にいくといく、回り道が一番早かったりします(^_^;)

    リニア開業とどっちが早いんでしょうね?(苦笑)

    コメントありがとうございました。

  5. 英ちゃん より:

    フリーゲートは270キロ以上出そうとするから難しいのであって スペインでは実際運用されてるので フリーゲートか三本軌道か空港までの延伸をしてほしい
    まずは 東急線の京急鎌田までの延伸をすることが望ましい それにより東急の利便性が格段に上がると思う

    • 団長 より:

      >英ちゃんさん
      コメントありがとうございます!

      少し調べてみたのですが、欧州では軌間可変の電車の開発に成功してるみたいですね。
      日本も負けずに頑張って欲しいと思いました。
      利便性向上のため、蒲蒲線の実現は早期に出来る事を願っております。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

山手線ホームに「ホームドア」が設置された、品川駅の様子 2016年7月10日撮影

2016年7月10日撮影です。 JR品川駅の、1番線・2番線の山手線ホームに「ホームドア」が設置されていました。 「ホームドア」の本格稼働は、8月11日からなので、設置されているだけの状態を堪能するこ …

人工地盤で覆われつつある、「御茶ノ水駅改良工事」の様子 2018年7月7日撮影

2018年7月7日撮影です。 バリアフリー化等の、改良工事が進められている、「御茶ノ水駅改良工事」の様子です。 聖橋と御茶ノ水橋の間のホームの上のかなりの部分が、人工地盤で覆われて来ていました。 人工 …

地下化前日の、京浜急行大師線連続立体交差事業の産業道路駅付近の様子 2019年3月2日撮影

2019年3月2日撮影です。 京浜急行大師線連続立体交差事業として、3月3日から産業道路駅は地下化されます。 京急大師線は、3月3日の始発から10:00AM迄運休し、地下化切り替え工事が行われています …

東武伊勢崎線(とうきょうスカイツリー駅付近)連続立体交差事業 2019.10.20

「東武伊勢崎線(とうきょうスカイツリー駅付近)連続立体交差事業」 の様子 2019年10月20日撮影

2019年10月20日撮影です。 とうきょうスカイツリー駅周辺で行われている、「東武伊勢崎線(とうきょうスカイツリー駅付近)連続立体交差事業」 の様子です。 本当はスカイツリーの展望台から見れたら良い …

JR渋谷駅改良工事 2020.11.7

「JR渋谷駅改良工事」の様子 2020年11月7日撮影

2020年11月7日撮影です。 JR渋谷駅は2027年に向けて改良工事が進められています。詳細は渋谷区のサイト等に掲載されていますが、東西自由通路や改札の改良工事、山手線ホーム改良工事、渋谷スクランブ …

ad side top