再開発調査兵団

散歩中に見つけた、東京や首都圏の再開発、高層ビル、道路建設の様子を記録してます。Skyscrapers and Beautiful Scenery in Tokyo.

神奈川 みなとみらい ホテル 住宅 商業施設

今度は本気だす!?みなとみらい側の「北仲通りA-4地区」に、再び「建築計画のお知らせ」が出現! 58階199m級「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」 2016年2月21日撮影

投稿日:2016年2月21日 更新日:

2016年2月21日撮影です。

久々に、みなとみらいでジョギングしてきました。
そんな中、なんとなんと、58階199m級「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」に、再び「建築計画のお知らせ」が出現していました!!
これを見た時、ウォーと声を上げてしまったのは内緒です(笑)

※タイトルに、「みなとみらい」と書きましたが、北仲通りは「関内」となります。なんとなくこの辺一体は、みなとみらいだと思っていました(^_^;)
ご指摘ありがとうございました。m(_ _)m
タイトルを「みなとみらい」→「みなとみらい側」に変更しておきました。
(2016年2月22日追記)

因みに、以前あった(やる気のない)「建築計画のお知らせ」はこちらです。(´・ω・`)しょぼーん・・

北仲通北地区  建築計画のお知らせ 2014.6.22

北仲通北地区 建築計画のお知らせ 2014.6.22

今回あった(やる気のある)「建築計画のお知らせ」はこちらです。(`・ω・´)シャキーン!

「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」 2016.2.21

「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」 2016.2.21

施工者は未定ですが、設計は鹿島建設なので、施工も鹿島建設だと思います。
鹿島建設さんがんばれ!!ワショーイ。

以前載せてたイメージ図から違っているかもしれませんが、一応載せておきます。

北仲通北再開発等促進地区地区計画 イメージ図

北仲通北再開発等促進地区地区計画 イメージ図

未来のみなとみらいとその周辺が、香港並みのウォータフロントになるのかもしれませんね。

現地の様子

現地は、既存の歴史的建造物の旧帝蚕倉庫の保存作業中みたいでした。

「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」 2016.2.21

「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」 2016.2.21

旧帝蚕倉庫は、建築家の遠藤於菟(えんどう おと)氏による作品で、2014年に横浜市により「歴史的建造物」に認定されました。

生糸を保管した北仲地区「旧帝蚕倉庫」が歴史的建造物に認定-解体・復元へ(ヨコハマ経済新聞 2014年04月17日)

横浜市が、旧横浜生糸検査所附属生糸絹物専用倉庫(通称「旧帝蚕倉庫」、横浜市中区北仲通5)を歴史的景観の保全を図る「歴史的建造物」に認定した。

旧帝蚕倉庫は、関東大震災後の1926年に建てられた、建築家・遠藤於菟(おと)さんの晩年の大作と言われる建築群の一つで、もともと4棟あった。現存する1棟は、地上3階、地下1階建ての近代建築で、生糸などの保管に使用されていた。今後いったん解体し、隣の棟があった位置に、部材を活用した忠実な復元を予定している。内部は歴史性を生かした文化施設などとしての利用を検討しているという。
(中略)
北仲通北地区には、旧横浜生糸検査所附属倉庫事務所(通称「旧帝蚕倉庫事務所」、横浜市指定有形文化財)と復元された旧生糸検査所(現第2合同庁舎、横浜市認定歴史的建造物)も現存する。

(ヨコハマ経済新聞 2014年04月17日より)

復元の為のレンガサンプリング実施中」だそうです。赤レンガ倉庫みたいに、綺麗に復元されるといいですね!

「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」 2016.2.21

「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」 2016.2.21

以下が、帝蚕倉庫事務所です。

「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」 2016.2.21

「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」 2016.2.21

以下が現地の別の角度から見た様子です。

「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」 2016.2.21

「(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画」 2016.2.21

見ていると、ふと疑問に思ったのですが、なぜこの2棟の建物だけが、ここにポツンと残っているんでしょうね?ちょっと不自然な気がします。
戦争の影響で他の建物は無くなったのでしょうかね?

もしかしたら、この周辺にはもっとこのような建物があったのでは?と昔の光景を思い浮かべてみました。

因みに、高層ビルは199.95mと200mには届きませんでした。
ランドマークタワーは、296.33mですが、それを超える建物は当分この辺には出そうにないですねぇ・・(^_^;)

東京のウォータフロントはまだまだな感じがしますが、みなとみらい地区の景観は海外に引けをとらないそんな気がします。
そんな、みなとみらいとその周辺が好きです。

データ

名称:(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画
地番:横浜市中区北仲通五丁目57-2他
用途:共同住宅、ホテル、店舗、駐車場
階数:58階/地下1階
高さ:199.95m
着工予定:平成28年10月1日
完了予定:平成32年1月31日
建築:三井不動産レジデンシャル、丸紅、森ビル
設計:鹿島建設
施工:未定

過去の記事

2014年6月:200m級 みらとみらいの「北仲通北地区 A-4地区」の様子 2014年6月22日撮影

Facebookのコメント

ad

ad

-神奈川, みなとみらい, ホテル, 住宅, 商業施設
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

185m級「シティタワー武蔵小杉」の様子 2014年7月27日撮影

7月27日撮影です。 完全に、グランツリー武蔵小杉のついでに撮影している状態の、「シティタワー武蔵小杉」です(^_^;) 現在は、グランツリー武蔵小杉を主で撮影していますが、グランツリー武蔵小杉は今年 …

一部カバーが取れて外観も見えていた、83m級「クレヴィアタワー池田山」の様子 2016年6月19日撮影

2016年6月19日撮影です。 JR五反田駅から、桜田通りを北上した所で建設中の、83m級「クレヴィアタワー池田山」の様子です。 桜田通りを通っている最中は、あまり変化がないかな?と思いましたが、反対 …

179m,170mのツインタワー「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の様子 2017年6月16日撮影

2017年6月16日撮影です。 梅雨の合間の晴れた日に、撮影してきました。 179m,170mのツインタワー「大手町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の様子です。 元々は、逓信総合博物館(ていぱーく) …

成長してた、21階80m「レム六本木」の様子 2016年9月17日撮影

2016年9月17日撮影です。 六本木のホテルアイビスの跡地で建設中の、21階80m「レム六本木」(Remm Roppongi)の様子です。 グランドオープンは、2017年7月30日を予定しています。 …

27階付近施工中の、37階139m「パークコート浜離宮ザタワー」の様子 2018年3月3日撮影

2018年3月3日撮影です。 JR浜松町駅から北側へ行った所の、汐留イタリア街の南側で建設中の、37階139m「パークコート浜離宮ザタワー」(Park Court Hamarikyu The Towe …

ad






にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ