再開発調査兵団

散歩中に見つけた、東京や首都圏の再開発、高層ビル、道路建設の様子を記録してます。Skyscrapers and Beautiful Scenery in Tokyo.

港区 赤坂・溜池山王

まだ解体中だった、「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014年6月1日撮影

投稿日:2014年6月3日 更新日:

6月1日撮影です。

溜池山王駅近くの、アメリカ大使館側で再開発を行っている、200m級の「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」の様子です。

「そろそろ解体終わったかな~」と、思ったのですが、まだまだ解体中でした(汗)

現地の様子

六本木通り沿いの首都高の下から見た様子です。
工事用の白い壁が、道沿いに繋がっています。

「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014.6.1

「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014.6.1

六本木通りの歩道沿いから。
これからどんな景色に変わるのかを思うと、ワクワクしてきます(笑)

「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014.6.1

「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014.6.1

解体現場の見取り図です。

「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014.6.1

「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014.6.1

六本木通りから、赤坂インターシティを通り、アメリカ大使館に行く道です。
ここから警備が厳重になります。

「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014.6.1

「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014.6.1

赤坂インターシティ付近から、六本木通り側を見た様子。
ずっと白い壁が・・

「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014.6.1

「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014.6.1

アメリカ大使館前から見た様子です。
ラジオ日経の入っていた、日本自動車会館も解体作業が始まっていました。

「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014.6.1

「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014.6.1

気が早いかもしれませんが、どんな景色に変わるか楽しみです。

データ

名称:赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業
地番:東京都港区赤坂一丁目 5 番他
階数:37階
高さ:200.58m
着工予定:平成26年7月1日
完了予定:平成29年4月30日

過去の記事

2014年4月:【オバマ大統領来日記念】200m級「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」 2014年4月22日撮影
2014年3月:200m級の「赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業」調査報告 2014.03.09撮影
2013年12月:溜池山王駅直結となる200m級の赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業

Facebookのコメント

ad

ad

-港区, 赤坂・溜池山王
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

JR田町駅芝浦口側で建設中の、「msb Tamachi(ムスブ田町)」の様子 2018年2月12日撮影

2018年2月12日撮影です。 JR田町駅芝浦口側で建設中の、「msb Tamachi(ムスブ田町)」の様子です。 こちらには、36階180m田町ステーションタワーN(B棟)、32階168m田町ステー …

13階付近施工中の、26階122m「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発事業」の様子 2018年9月22日撮影

2018年9月22日撮影です。 JR東日本が開発している、26階122m「(仮称)竹芝ウォーターフロント開発事業」の様子です。 ホテル・オフィス・商業施設の入る高層棟と、劇場の入る低層棟が出来ます。 …

完成間近の、119m級「グローバルフロントタワー」の様子 2015年12月20日撮影

2015年12月20日撮影です。 芝浦のヤナセ本社お隣で建設中の、119m級「グローバルフロントタワー」の様子です。 もうそろそろ、運河沿いの遊歩道に行けるかなぁ~?とワクワクして撮影してきました。 …

「東京虎ノ門グローバルスクエア」 2020.3.7

24階119m「東京虎ノ門グローバルスクエア」の様子 2020年3月7日撮影

2020年3月7日撮影です。 銀座線虎ノ門駅の傍で建設中の、24階119m「東京虎ノ門グローバルスクエア」の様子です。 ちょっと天気が悪かった時ですが撮影しに行きました。 低層階がそろそろ見える頃かな …

地上部が見えてた、「TRY-SEVEN ROPPONGI(トライセブン ロッポンギ)」の様子 2014年12月25日

12月25日撮影です。 東京ミッドタウンの道向かいで建設中の、「TRY-SEVEN ROPPONGI(トライセブン ロッポンギ)」の様子です。 ようやく地上部が出現していました。 建設工業新聞の報道だ …

ad side top