再開発調査兵団

散歩中に見つけた、東京や首都圏の再開発、高層ビル、道路建設の様子を記録してます。Skyscrapers and Beautiful Scenery in Tokyo.

中央区 東京駅周辺 事務所 商業施設

解体工事が進んでいる、51階250m「八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の様子 2021年2月11日撮影

投稿日:

2021年2月11日撮影です。

51階250m「八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の様子です。こちらは既存建物解体工事中ですが、解体工事も街区全体に広がってきていました。

現地の様子

八重洲通り東側から見た様子です。東京建物ビルの解体工事が進んでいました。

南側から、八重洲仲通りを見た様子です。

信号を渡り、八重洲仲通り沿いを見た様子です。既存建物に解体工事用のカバーが設置され、解体工事が進んでいました。一部まだ以前の面影がある建物も残っていました。

八重洲仲通りを途中から振り返って南側を見た様子です。

再開発エリアの街区の北東側、さくら通り沿いの「八重洲センタービル」跡地を見た様子です。既に解体工事用のカバーで覆われていました。

桜田通り沿いを見た様子です。

さくら通り沿いを、西側の東京駅側へ進んで見た様子です。

工事用のパネルに、アートが描かれていた場所がありました。

外堀通り沿いから、北西側のさくら通り沿いを見た様子です。

外堀通り沿いは、再開発対象外となった建物と、解体工事中の建物が混在する状態となっていました。

少し南側へ進んで、角度を変えて外堀通り沿いを見た様子です。

再開発エリアの東京駅側になる、外堀通り沿いの景色がどうなることやら?

by カエレバ

データ

名称:東京駅前八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業施設建築物等新築工事
地番:東京都中央区八重洲一丁目201番地の一部、203番地の一部、205番地の一部、207番地の一部
用途:事務所、店舗
建築面積:8,400㎡
延べ面積:225,200㎡
階数:51階,地下4階
高さ:250m
着工予定:令和3年10月1日
完成予定:令和7年3月31日
建築主:東京駅前八重洲1丁目東B地区市街地再開発組合
設計者:大林組
施工者:大林組

Facebookのコメント

ad

ad

-中央区, 東京駅周辺, 事務所, 商業施設

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「東京虎ノ門グローバルスクエア」 2020.1.19

24階119m「東京虎ノ門グローバルスクエア」の様子 2020年1月19日撮影

2020年1月19日撮影です。 銀座線虎ノ門駅の傍で建設中の、24階119m「東京虎ノ門グローバルスクエア」の様子です。 完成すると、虎ノ門駅と繋がり広い地下広場が出来る予定です。 目次1 現地の様子 …

上棟した?「シティタワーズ東京ベイ」(City Towers Tokyo Bay)の様子 2018年11月11日撮影

2018年11月11日撮影です。 有明コロシアム北側の街区で建設中の、「シティタワーズ東京ベイ」(City Towers Tokyo Bay)の様子です。 ほぼ同じ高さで3棟のタワーマンションを建てて …

カーテンウォールも一部見えてた、7階付近施工中の30階150m「(仮称)丸の内3-2計画」の様子 2017年5月1日撮影

2017年5月1日撮影です。 世の中ゴールデンウィークで連休を取られている方も居ると思いますが、私は仕事です( ・ิω・ิ) 丸ノ内で建設中の、30階150m「(仮称)丸の内3-2計画」の様子を見てき …

オープンした、「GINZA PLACE(銀座プレイス) ~明日の銀座を創るランドマーク~」の様子 2016年9月24日撮影

2016年9月24日撮影です。 銀座の核心部とも言うべき?銀座四丁目交差点にオープンした、「GINZA PLACE(銀座プレイス)」の様子です。 「クライン・ダイサム・アーキテクツ」デザインによる透か …

19階103m「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の様子 2018年4月14日撮影

2018年4月14日撮影です。 「東急プラザ渋谷」跡地で建設中の、19階103m「道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の様子です。 タワークレーンと地上部が出現していました。 目次1 現地の様 …

ad side top