再開発調査兵団

散歩中に見つけた、東京や首都圏の再開発、高層ビル、道路建設の様子を記録してます。Skyscrapers and Beautiful Scenery in Tokyo.

中央区 東京駅周辺 事務所 商業施設

解体工事が進んでいる、51階250m「八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の様子 2021年2月11日撮影

投稿日:

2021年2月11日撮影です。

51階250m「八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の様子です。こちらは既存建物解体工事中ですが、解体工事も街区全体に広がってきていました。

現地の様子

八重洲通り東側から見た様子です。東京建物ビルの解体工事が進んでいました。

南側から、八重洲仲通りを見た様子です。

信号を渡り、八重洲仲通り沿いを見た様子です。既存建物に解体工事用のカバーが設置され、解体工事が進んでいました。一部まだ以前の面影がある建物も残っていました。

八重洲仲通りを途中から振り返って南側を見た様子です。

再開発エリアの街区の北東側、さくら通り沿いの「八重洲センタービル」跡地を見た様子です。既に解体工事用のカバーで覆われていました。

桜田通り沿いを見た様子です。

さくら通り沿いを、西側の東京駅側へ進んで見た様子です。

工事用のパネルに、アートが描かれていた場所がありました。

外堀通り沿いから、北西側のさくら通り沿いを見た様子です。

外堀通り沿いは、再開発対象外となった建物と、解体工事中の建物が混在する状態となっていました。

少し南側へ進んで、角度を変えて外堀通り沿いを見た様子です。

再開発エリアの東京駅側になる、外堀通り沿いの景色がどうなることやら?

by カエレバ

データ

名称:東京駅前八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業施設建築物等新築工事
地番:東京都中央区八重洲一丁目201番地の一部、203番地の一部、205番地の一部、207番地の一部
用途:事務所、店舗
建築面積:8,400㎡
延べ面積:225,200㎡
階数:51階,地下4階
高さ:250m
着工予定:令和3年10月1日
完成予定:令和7年3月31日
建築主:東京駅前八重洲1丁目東B地区市街地再開発組合
設計者:大林組
施工者:大林組

Facebookのコメント

ad

ad

-中央区, 東京駅周辺, 事務所, 商業施設

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

(仮称)大手町1-4-2計画 2020年3月下旬

丸紅本社建替え中の、22階111m「(仮称)大手町1-4-2計画」の様子 2020年3月下旬撮影

2020年3月下旬撮影です。 丸紅本社の建替え工事の、22階111m「(仮称)大手町1-4-2計画」の様子です。 竹橋駅の近くです。 撮影して暫らく経つので、もう低層階も完成しているのかもしれません。 …

晴海埠頭から出港した「飛鳥II」と、「オリンピック・パラリンピック選手村建設地」(Olympic Village Construction Site)の様子 2017年5月7日撮影

2017年5月7日撮影です。 日本籍で最大の客船、「飛鳥II」が晴海埠頭に入港していると、ツイッターのTL上で知ったので、その大きさを実際の目で感じてみようと晴海埠頭に行ってみました。 ついでに、「オ …

森トラストが建てる、隈研吾氏設計・内装デザインの「(仮称)銀座二丁目ホテル計画」の様子 2017年3月4日撮影

2017年3月4日撮影です。 森トラストの2月のニュースリリースに、「(仮称)銀座二丁目ホテル計画」が掲載されていました。 場所は、マロニエ通り沿いのブルガリがある区画の隣のブロックの「共同ビルディン …

整備が進んでた、「東京駅丸の内駅前広場整備」の様子 2016年8月13日撮影

2016年8月13日撮影です。 東京駅の丸の内側駅前で整備中の、「東京駅丸の内駅前広場整備」の様子です。 こちらは、2017年春の完成予定で、地下エリアは2017年夏の完成予定です。 目次1 現地の様 …

来月開業の「京橋トラストタワー」 2014.1.12撮影

1月12日撮影です。 来月開業する、「京橋トラストタワー」を撮影してきました。 目次1 概要2 現地の様子3 データ4 過去の記事4.1 Facebookのコメント 概要 京橋トラストタワーは、1F~ …

ad side top