再開発調査兵団

散歩中に見つけた、東京や首都圏の再開発、高層ビル、道路建設の様子を記録してます。Skyscrapers and Beautiful Scenery in Tokyo.

中央区 東京駅周辺 事務所 商業施設

解体工事が本格化しだした、 51階250m「八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の様子 2020年10月10日撮影

投稿日:

2020年10月10日撮影です。

東京駅八重洲口で大規模な再開発が始まっている、 51階250m「八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の様子です。
解体工事が本格化しだして、街区が工事用フラットパネルで囲まれてきました。

この様子を見に行きたくて、雨の中でも行ってみました。

完成後は以下のような建物が出来る予定です。

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 (出典:東京都)

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 (出典:東京都)

イメージ図が東側からの絵ですので、東京駅側からどんな様子になるのか、いまいちピンと来てなかったりします(^^;)

現地の様子

東京駅八重洲口のグランルーフ2階から見た様子です。

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲通りの南側から見た様子です。
八重洲中通り沿いが、工事用フラットパネルで覆われていました。

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲仲通りを南側から見ていった様子です。

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

廃止される路地(八日通り)も、フラットパネルで覆われて通れなくなっていました。

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

北側のお隣の通りの養珠院通りも、フラットパネルで覆われて、通れなくなっていました。

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

更に北側の通りの、八重洲北口通りも通れなくなっていました。

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲北口通り傍の、一角はまだパネルで覆われていませんでしたが、そのうちこちらも他と同様、工事用フラットパネルで覆われる事となるでしょう。

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

敷地北東の一角の、「八重洲センタービル」の様子です。
「八重洲センタービル」は1992年竣工の、そんなに古くない建物ですが、そろそろ見納めです。

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

再開発エリアの北側、さくら通りの様子を東側から見た様子です。
こちらは毎年の年末、さくらに飾られたイルミネーションが綺麗な通りでした。

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

ビルとビルの隙間にあった、狭い路地裏もフラットパネルで覆われて通れなくなっていました。
この辺は東京駅に凄く近いのに、味わい深い路地裏だなぁと思った路地裏でした。無くなってしまうのは寂しいですね。

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

さくら通りと八重洲北口通りのもう1つの路地裏も、フラットパネルで覆われて通れなくなっていました。

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

さくら通りを西側から見た様子です。

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業 2020.10.10

街並みが一変しようとしている様子を見ると、新しい建物が出来る楽しみと、これまで見ていた景色が消えて行く寂しさの両方の気持ちがあります。
八重洲はもともと、町人の街でした。江戸の頃のこの辺は、どんな街並みだったのかなぁと、過去を思い浮かべながら散歩していくのも楽しいと思います。

今回は再開発の対象エリアではありませんが、養珠院通りには「於満稲荷神社」という、家康の側室お万の方を祀っている神社もあるのだとか。
街並みが変わっていく様子を見ていると、感慨深いものがあります。

by カエレバ

データ

名称:東京駅前八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業施設建築物等新築工事
地番:東京都中央区八重洲一丁目201番地の一部、203番地の一部、205番地の一部、207番地の一部
用途:事務所、店舗
建築面積:8,400㎡
延べ面積:225,200㎡
階数:51階,地下4階
高さ:250m
着工予定:令和3年10月1日
完成予定:令和7年3月31日
建築主:東京駅前八重洲1丁目東B地区市街地再開発組合
設計者:大林組
施工者:大林組

過去の記事

2020年5月:建築計画のお知らせが出現! 51階250m「八重洲1丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の様子 2020年5月31日撮影

Facebookのコメント

ad

ad

-中央区, 東京駅周辺, 事務所, 商業施設

執筆者:


  1. サブロー より:

    ちなみに来月からは、日本橋1丁目再開発の野村證券本社ビル一帯の再開発も始まるみたいで、既に辺り一帯はここ同様にテナント退去完了して解体されるのを待つ状態になっているらしいです。
    いよいよ日本橋、八重洲エリアでも再開発が本格化してきましたね。

    • 団長 より:

      >サブローさん
      コメントありがとうございます!

      野村證券本社ビル周辺の再開発も始まるのですか!
      このエリアの再開発が本格化してきて、街の様子がガラリと変わりそうですね。

      両方ともに完成が待ち遠しいです!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」 2019.7.20

劇団四季の劇場棟も出来てきた、26階120m「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」の様子 2019年7月20日撮影

2019年7月20日撮影です。 竹下ふ頭傍で建設中の、26階120m「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」の様子です。 劇場棟も段々と出来てきていました。 目次1 現地の様子2 デー …

2016年11月迄にオープンする予定の、「築地新市場(仮称)」の様子 2015年5月1日撮影

2015年5月1日撮影です。 築地市場は豊洲新市場に移転して、2016年11月にオープンする予定です。 その豊洲新市場では、千客万来施設が頓挫しています。 豊洲新市場の観光施設 担当2社が辞退 東京の …

160m,200m「(仮称)OH-1計画」(大手町一丁目2地区開発事業)の様子 2017年12月4日撮影

2017年12月4日撮影です。 三井物産ビル、大手町パルビル、大手町一丁目三井ビル跡地で建設中の、160mと200m「(仮称)OH-1計画」(大手町一丁目2地区開発事業)の様子です。 目次1 現地の様 …

八重洲二丁目北地区市街地再開発 2020.10.10

18階付近施工中の、45階240m「八重洲二丁目北地区市街地再開発」の様子 2020年10月10日撮影

2020年10月10日撮影です。 東京駅八重洲口で再開発中の、45階240m「八重洲二丁目北地区市街地再開発」の様子です。 18階付近を施工中でした。 天気は雨模様だったのですが、そんなに降ってないか …

24階123m「(仮称)新東京武田ビル」と、そろそろ見頃の日本橋のオカメザクラの様子 2017年2月25日撮影

2017年2月25日撮影です。 24階123m「(仮称)新東京武田ビル」の様子です。 後、そのお隣のあじさい通りで見頃を迎えつつある、オカメザクラの様子です。 桜前線はソメイヨシノの開花について伝えら …

ad side top