再開発調査兵団

散歩中に見つけた、東京や首都圏の再開発、高層ビル、道路建設の様子を記録してます。Skyscrapers and Beautiful Scenery in Tokyo.

新宿区 事務所 商業施設 鉄道

詳細が発表された、48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」の様子 2020年8月中旬撮影

投稿日:

9月9日に、新宿駅西口に48階260mの建物が出来る、ニュースリリースが発表されました。

このニュース自体は既に発表されていたので驚きはしませんでしたが、詳細が載っていたので大体イメージが掴めてきました。
更に、新宿駅東口にも超高層ビルが出来てツインタワーになるという話しもありますが、渋谷駅のツインタワー計画が無くなったので、新宿もどうなることやらと見守っています。

ニュースリリースは、小田急電鉄と東京メトロ、首相官邸からも発表されています。

都市再生特別地区(新宿駅西口地区)

資料の詳細は、首相官邸から発表されているPDFが詳しいです。
以下の資料の出典は、首相官邸からとなります。

先ずは、位置図です。計画地が横長く南北に伸びているので、新宿ミロードも変わるんだと思います。
また、京王百貨店新宿店については何も書かれてないので、このまま当分残るのでしょう。

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」

新宿駅の東西は歩行者デッキで結ぶ計画があります。
新宿駅周辺の再開発は、新宿グランドターミナル構想が元となっており、完成は2040年代を目指しています。
恐らく、2050年には新宿駅周辺はがらっと変わっているのだと思います。後、50年後かぁ・・

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」

以下が発表されたイメージ図です。横浜駅に似てる気がしました。

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」

建物の低層階の2階部分~14階部分は、商業施設となります。また、9階~14階はスカイコリドーとなり、一部はJPタワーのKITTEガーデンみたいに、外に出て景色を見れるみたいです。

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」

ビューテラスから見た新宿の景色はどんな様子なのでしょうか。観光の名所になりそうな気がします。

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」

完成は2029年度です。まだ10年位先の話となります。
現在はコロナウイルスの蔓延により、都心のオフィス需要は減っていると思いますが、10年後はどうなっていることやら。

現地の様子

コロナウイルスの感染拡大により、都内の繁華街に行かないように自粛を要請されていますが、西口なら大丈夫かな?と思い、新宿に行って撮影した様子です。

北側の歩行者デッキから見た様子です。

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」 2020年8月

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」 2020年8月

西口広場の西側から小田急百貨店を見た様子です。
10年後、ここから見る景色はどんな感じなんでしょうか。

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」 2020年8月

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」 2020年8月

スバルビルの跡地を見た様子です。こちらは地下駐車場の出入口となります。

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」 2020年8月

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」 2020年8月

西口広場の南西側から、小田急百貨店を見た様子です。

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」 2020年8月

48階260m「都市再生特別地区(新宿駅西口地区)」 2020年8月

小田急百貨店の上の階は1度も行ったことがないので、無くなる前に行って見ようと思いました。

3月のコロナウイルスの蔓延からずっと在宅勤務が続いています。
半年近くずっと家に引き籠って、繁華街に行ってませんが、以前の東京の姿が恋しくなってきました。
また活気ある日本に戻りますように。

by カエレバ

データ

位置:東京都新宿区新宿三丁目及び西新宿一丁目各地内
階数:48階/地下5階
延床面積:約281,700㎡
高さ:約260m
着工予定:2022年度
完了予定:2029年度

Facebookのコメント

ad

ad

-新宿区, 事務所, 商業施設, 鉄道

執筆者:


  1. inu より:

    「西の丸ノ内」として開発された西口
    都市計画通りに開発が推移し想定通りに重要拠点として機能した希有な場所ですが
    再び再構築される日が来ようとは……
    昭和の時代に完成を見た西口がなくなる、なんとも感慨深いものがあります
    昨今、世情が世情だけに上滑りした建築投機となる恐れがあるにしても、ここで
    予定通りに開発を推進しなければ10年では済まない深刻な足踏みを余儀なくされるでしょうね
    大変な時代ですが、後世から指弾されないよう立派なものを遺すのみ
    それはそれとして小田急西口ハルクは再開発しないのでしょうか(・ω・,,)
    ヨドバシ本店計画も伸びているようですし、計画の再統合が進んでいるかもです

    • 団長 より:

      >inuさん
      コメントありがとうございます!

      私も見慣れた新宿が変わるのは、感慨深いです。
      学生の時、初めて東京に来て、新宿の乗り換えで迷ってしまい、1時間以上地下鉄の入り口が分からずに、ウロウロしてた記憶があります(苦笑)

      当時は超高層ビル群=新宿西口ってイメージでした。

      バスタ新宿が出来ただけでも、結構新宿が変わったなって思いました。

      たしかに新型コロウイルスの影響はありますが、建替えしておかないと、海外の都市に遅れをとるのかもしれませんね。

      建物の大きさよりも西口と東口が歩行者デッキで繋がるという恩恵の方が、一番うれしかったりします。

      小田急西口ハルクも古い建物ですよね・・
      恐らくそのうち建替えられるのでしょうが、こちらが完成する2029年度以降かな?と想像しています(^^;)

      ヨドバシ本店建替えの話は、全然新しい情報出てきませんよね。
      ヤマダ電機「LABI 新宿東口館」も閉店しますし、ヨドバシも計画を見直しているのかもしれませんね・・

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

38階205m「赤坂インターシティ AIR」の様子 2017年1月2日撮影

2017年1月2日撮影です。 正月三が日の赤坂界隈は、人が殆どおらず、静寂に包まれていた感がありました。 そんな中で撮影してきた、アメリカ大使館側で建設中の、38階205m「赤坂インターシティ AIR …

「気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区教育センター」 2020.1.19

14階81m「気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区教育センター」の様子 2020年1月19日撮影

2020年1月19日撮影です。 「東京ワールドゲート」の北側で建設中の、14階81m「気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区教育センター」の様子です。 低層階の植樹も終え、あとは工事用ゲートが外されて完了でし …

36階180m「渋谷ストリーム」(SHIBUYA STREAM)の様子 2018年5月26日撮影

2018年5月26日撮影です。 外見上そこまで変化はないですが、36階180m「渋谷ストリーム」(SHIBUYA STREAM)の様子です。 9月に開業する事となりました。パチパチパチ 1~3階:飲食 …

開業してた、178m,163mのツインタワー「大手町プレイス」の様子 2018年9月29日撮影

2018年9月29日撮影です。 週末は台風が運んできた雨雲で天気が悪かったのですが、2018年9月25日(火)にグランドオープンした、「大手町プレイス」を見てきました。 元々こちらは、「逓信総合博物館 …

4階付近施工中の、30階150m「(仮称)丸の内3-2計画」の様子 2017年3月4日撮影

2017年3月4日撮影です。 馬場先門交差点の南東角地で建設中の、30階150m「(仮称)丸の内3-2計画」の様子です。 部分的ではありますが、4階付近を施工中でした。 目次1 現地の様子2 データ3 …

ad side top